宅地建物取引士を取得する

宅建士おすすめ通信講座(オンライン)19選|7万以下を全てランキングしました

どうも、建築士&宅建士のタカオカです。

今回は国家資格である宅地建物取引士の通信講座(オンライン)19社について徹底調査した内容をお伝えします。

通信講座(オンライン)っていっぱいあるけどいったいどれが良いの?

そもそも通信講座(オンラインって良いの?

この様な疑問をお持ちの方向けに『価格・信頼性・効率性』を元に19社比較のランキングをつくりました。

7万円以下のほぼ全て宅地建物取引士講座網羅しています。

これから宅地宅建取引士を目指す方は是非参考にしてみて下さいね。

 

筆者は住宅業界13年の宅建士&建築士です。宅地建物取引士試験を平成30年度に会社員&ふたごの子育てをしながら独学&3ヶ月で一発合格した実績があります。その経験から『宅建士試験にお金を掛けずに&最も効率良く合格出来る!』という観点からオンライン講座をランキング付けしました。

この記事の内容⬇︎

宅建士おすすめ通信講座(オンライン)19選| オンライン講座がおすすめの理由

宅建士のオンライン講座ってめちゃくちゃおすすめです。

なぜなら、価格が安い上に講義内容も厳選された質の高い高コスパな講座が多いからです。

宅建士オンライン講座の利点⬇︎

  • ペーパーレスで送料や運営費が掛からないので講座の料金が格安
  • スマホ対応が進み、場所を選ばずにスキマ時間を学習に活用出来る
  • クイズ感覚でリラックスして学習を進める事が出来る

特にスキマ時間の利用は単に『空いた時間を活用になる』だけではなく、『科学的に効率が良い勉強方法』として証明されています。

そんな宅建士オンライン講座の中でも特にコスパの良い『7万円以下の講座』を全て集めてランキングにしました。

僕もそうでしたが、受験生って「早く宅建士って名乗りたい」と思うけど、やっぱり「出来るだけにお金かけたく無い」って方が多いと思うんですよね、そんな方には是非参考にして貰いたいランキングです。

〜それでは順に見てきましょう〜

宅建 オンライン講座 おすすめ|  第1位【スタディング(旧 通勤講座)】

第1位 スタディング

価格  

| 宅建士合格コース 18,500円(税抜)|

信頼性 

| ベンチャー企業ながら業界歴12年の実績有り。現在急成長中。社長の綾部さんが自ら資格取得で何度も挫折した経験から、最も効率の良い学習方法にフォーカスして講座開設をしています。

→   社長のメッセージ  |

おすすめのポイント

安さ以上に内容が充実した高コスパを実現

スタディングはディングの魅力はなんといっても驚きの価格の安さ!!しかしながら、安いだけでは無い業界歴12年の経験を駆使した洗練されたレベルの高い講義内容が収録されています。

スタディングはIT技術を駆使して販売コストの大幅カットを実現、運営コストは抑えて教育コストは落とさず、充実したコンテンツを届ける事に成功しています。

万一不合格となってしまった場合にも5,980円(税抜)で更新が可能非常に良心的です。

合格祝金制度有り

宅建士試験に合格すればAmazonギフト券3,000円分がプレゼントされる。実質15,500円(税抜)で講座が受けれます。

スキマ時間を徹底的に活用

スタディングの特徴はスキマ時間の活用にあります。スマートフォン、PC、タブレットで学べる為、時間・場所を選ばずに学習が出来る。

よく出題される問題から学ぶ事でレベルアップが早い仕組みを構築

近年の宅建試験を分析し、よく出る所、得点しやすい所をしっかり学べる構成で作られています。

時間の無い会社員の方、たとえ時間があってもさっさと効率良く取得してしまいたい方におすすめです。

コンテンツが充実|安心して宅建士試験合格レベル以上の知識を身につけられる

基礎固めから応用まで一貫して学習出来るため、スタディング1本で最後(合格)まで安心して学習に取り組めます。

動画学習で全体像を把握

⬇︎

webテキストでワンポイントや補足を補う

⬇︎

セレクト問題集で基礎固め(重要なポイントが分かる)

⬇︎

セレクト過去問集12年分でレベルアップ(テーマ別の出題パターンが分かる)

復習機能で弱点を効率的に克服できる

宅建士試験は反復練習が非常に有効です。スタディングの優れた点は復習機を備えている事です。間違えた問題をチェックしてくれるので自分の弱い部分を効率良く復習出来ます。→結果、合格までの時間短縮になります。

おためし無料講座有り(有料級の情報有り)

さらに、おためし無理講座が有り。たとえ本登録をしなくても最初の動画『失敗しない宅建士合格法5つのルール!』を見るだけでも非常に本質を突いた価値がある話が聞けます。まずは、一旦無料登録をしても損はなし!いや、むしろ得する事しかありません!|

1位にランクインした理由

【抵コスト&ハイパフォーマンス】現時点では右に出る者はいないです。

宅建士試験に合格するには独学でも書店で本を購入すれば10,000円くらいは掛かってしまいます。

参考書・問題集・過去問集を買うと 

⬇︎

10,000円くらいは掛かる

⬇︎

それならスタディングに18,500円(税別)払った方が間違いなく元が取れます

正直言って宅建士試験対策全員スタディングでいったら良いのでは?と思ってしまうくらいおすすめです。という訳で第1位にランクイン

→『スタディング』の更に詳しい記事はコチラ

宅建 オンライン講座 おすすめ 第2位【アガルート】

第2位 アガルート アカデミー

価格 

| 入門総合カリキュラム29,800円(税抜)|

信頼性 

| 株式会社アガルートは2013年に設立。IT✖︎法律✖︎教育の分野で様々な事業を展開している。特にオンライン教育には力を入れておりレベルの高い講座を展開している。|

おすすめのポイント

合格特典の全額返金サービス

なんと宅建士試験に合格すれば返金して貰えるという業界唯一のサービス付き。資格も取得出来て無料にして貰えるなんて夢の様なサービスです。

合格実績は55%超え

受講生の合否アンケートの集計結果は55%超え、合格実績がレベルの高さを表しています。

試験合格に必要十分な講義/カリキュラム

段階的に実力を付ける事が可能なカリキュラムが組まれてています。

総合入門講義(映像講義でインプット+テキストで理解を深める)

⬇︎

過去問解析講座(よく出題される過去問300題※6年分、で実力をつける)

⬇︎

総まとめ講座(知識の整理を行う)

⬇︎

模擬試験(総仕上げ)

スキマ時間を徹底的に活用

アガルートもスキマ時間の活用が可能。スマートフォン、PC、タブレットで学べる為、時間・場所を選ばずに学習が出来る。

質問が無制限+Facebookグループ活用

分からない事は気軽に質問が可能です。

特にFacebookグループを活用しているので、他の受講生の悩みや質問等も参考に出来ます。

僕
僕もそうですが、質問ってなかなか気を使ってしずらいものです。そんな時に他の受講者の質問や悩みを参考に出来るのは大きいです。

第2位にランクインした理由

値段が29,800円と安い上に、「合格全額返金サービス」は他の宅建士講座と比べて圧倒的なお得感があります。

そして安いだけでなく、講座の内容はシンプルですが受講者を合格へ導くのに十分な講座です。模試まで付いていて質問も気軽にできる点も優れもの。合格実績55%超えの実績がレベルの高い講義を証明しています。非常におすすめ!以上の理由から第2位ランクインとなりました。


→アガルートの更に詳しい詳細はコチラ

宅建 オンライン講座 おすすめ 第3位【フォーサイト】

第3位 フォーサイト

価格 

|バリューセット1  56,800円(税抜)

バリューセット2  66,800円(税抜)|

信頼性 

| 株式会社フォーサイトは不動産研修会社として発足、1993年に積水ハウスなどを相手に宅建通信講座を開始しました。オンライン講座としては業界歴27年の知見を持っています。さらに、特許を取得し、こだわりが詰まった学習方法を展開しています。|

おすすめのポイント

バリューセット2なら返「返金保証付き」

バリューセット2の受講者は『返金保証付き』!!万が一不合格の場合には全額返金されます。※25点満点の専用試験(学力テスト)を2回受験し、それぞれ20点以上を取得する必要あり。

驚異の合格率!71.5%

宅建士試験受講者全体の合格率は17%に対して驚異の合格率71.5%を出している。算出方法は議論の余地が有るかもしれませんが、そもそもオンライン講座合格率を出している会社がほとんど無い中でのこの結果は素晴らしすぎます。

合格までのスケジュールを管理してくれる特許取得のオリジナルeラーニングシステム道場破り

宅地建物取引士試験日までにどれだけの学習時間を裂けば良いのかをスケジューリングして1日の学習量を知らせてくれます

独学者ならではの不安「このスケジューリングで大丈夫なんだろうか?」

という不安な気持ちから解放されます

フルカラーのテキスト付き

フォーサイトではオンライン学習の他にテキストも付いてきます。「やっぱり本で勉強したい!」という方には安心できます。

しかも、フルカラーなので見やすさはバッチリです。

過去問の写真付き解説が見やすい

過去問や問題を解き、間違えを見直す際の解説が分かりやすい

宅建士試験問題を繰り返し解く事でレベルアップしていきます。解答が分かりやすいというのは大きなアドバンテージになります。

解答例⬇︎

問題の「目標解答時間」付き、普段からスピード感を養える工夫がされている

宅建士試験は単に暗記するだけではダメでスピード感が非常に重要です。1問2分少々で問題を解いていかなければ、いくら暗記していても不合格になってしまいます。

フォーサイトではこの辺りのスピード解答力を日頃から高めていける工夫が凝らされています。

スキマ時間を徹底的に活用

フォーサイトもスキマ時間の活用が可能。スマートフォン、PC、タブレットで学べる為、時間・場所を選ばずに学習が出来る。

専門家への質疑応答が可能

フォーサイトも分からない箇所はメールで専門家に質問が可能です。

僕
「オンライン学習だと分からない箇所が出てきた時に手詰まりになると困るのでは?」という不安が解消されます。

おためし無料講座有り

特許取得をした『道場破り』の無理講座が体感出来ます。使い心地をチェックしてみましょう。

第3位にランクインした理由

正直、内容、実績、信頼共に申し分有りません。特許取得の『道場破り』もスケジューリング管理をしてくれるので独学者の助けになります合格率71.5%も他の追随を許さない圧倒的な数字です。しかし、他の講座が安過ぎる為にお得感が無くなってしまい3位にさせました。

多少出してでも「確実に宅建士免許を取得したい」という方にはおすすめです。という訳で第3位にランクイン

宅建 オンライン講座 おすすめ 第4位『オンスク.JP】

第4位 オンスク.JP

価格  

| ウケホウダイ-ライト 月額980円(税抜)

ウケホウダイ-スタンダード 月額1,480円(税抜)

定額サブスクサービスとしては業界初!とにかく激安|

信頼性 

| オンスク.JPはオンラインスクール株式会社が運営、2014年にサービスを開始。サブスク定額なので「気軽に」「始めやすい」のが特徴。|

おすすめのポイント

大手資格学校TACが運営

オンスク.JPは大手資格学校TACの子会社です。TACは宅建士試験にも力をいれています。バックボーンがしっかりしているだけにクオリティを証明する安心感が感じられます。

TACが親会社だけにクオリティを上げすぎる事が出来ない

ある程度のクオリティが確保されてはいますが、あんまり本気を出すと本業に支障が出てしまうのでわざと抑えているのが本音の所です。

ちなみにTACで宅建士の講座を受ければ一番簡易的な通信講座でも89,000円〜高額な講座は209,000円となっています。  →TAC宅建士講座一覧

同じ講義内容にする事は出来ないし、過去問が付いてきません。なのでオンスク.JPのみで合格するのはちょっと厳しいかもしれません。

価格の安さはナンバー1|まず始めるには最適

オンスク.JPはとにかく安い!なので、「まず始めてみる」というのにはすごくおすすめねか講座です。やっぱり失敗したくないし2万〜6万出すのはちゅうちょしますよね。

そんな時はこの敷居の低さを利用してまず始めてみましょう。

そしてある程度レベルアップしてから、別で過去問などを購入して最終的に合格レベルへ持って行く事も可能です。

オンスク.JP

  +

別で過去問集を用意 & 模試を受講 

こんな感じで利用していけば合格は可能です。万一失敗しても980円です。宅建の参考書1冊の1/3の値段しか掛からないので是非始めてみましょう、

おためし無料講座有り

オンスク.JPもおためし無料講座が有ります。入会しても980円しか掛からないのに無料おためしまで出来るなんて良心的です。

28講座の資格学習コンテンツが利用可能

サブスクサービスに登録すれば、宅建士だけで無く28種類の資格サービスが利用可能です。ダブル受験新たな可能を探す事が出来る。

ランキング 第4位の理由

月額980円の衝撃の安さは業界ナンバーワン!しかも、安いだけでは無く、動画教材が分かりやすくまとまっていてクオリティも確保されています。TACをバックボーンにこの講座は宅地建物取引士講座の業界の常識を変えました。まちがなくおすすめです。という訳で第4位にランクイン

オンスク.JP⬇︎

宅建 オンライン講座 おすすめ 第5位【スタケン】

第5位 スタケン

価格 

| 宅建士講座 19,800円(税抜)+過去問アプリ370円(税抜)

学生割引 14,800円(税抜)|

信頼性 

| スタケンはオーナーズエージェント株式会社と言う不動産コンサルティング会社が運営しています。オンライン講座宅建1本に絞っているため宅建に合格する為のノウハウが凝縮されています。|

おすすめのポイント

コスパ+合格保証付

価格の安さに付け加えて万が一不合格でも次年度も特別価格で受講出来ます。

逆回転学習法

スタケンの魅力は逆回転学習法にあり、なんと!講義を受ける前に先に問題から解いていきます。

問題を解く(疑問・課題発見)

⬇︎

解答を見る(解決)

⬇︎

講義を受ける(理解)

⬇︎

再度問題を解く(覚える)

先に問題を解き疑問や課題発見をした状態で講義を受ける事で覚えるべきポイントが見えてきます。→最後にもう一度問題を解く事で記憶に定着していきます。

スキマ時間を徹底的に活用

スタケンもスキマ時間の活用が可能。スマートフォン、PC、タブレットで学べる為、時間・場所を選ばずに学習が出来る。

専門家への質疑応答が可能

分からない箇所はメールで専門家に質問が可能です。

僕
「オンライン学習だと分からない箇所が出てきた時に手詰まりになると困るのでは?」という不安が解消されます。

おためし無料講座有り

スタケンもおためし無理講座が有ります。使い心地をチェックしてみましょう。

ランキング 第5位の理由

非常に素晴らしい宅建士講座ですが、1位のスタディングとコンセプトがほぼ変わらない内容かと思います。比べると質疑応答が可能な点は優れている。しかし、スタケンは2018年3月に開始したサービスでまだ歴史が浅いという事があり、それなら信頼性の面でスタディングに群杯が上がるという事で今回は第5位とさせて頂きました。学生さんは14,800円(税抜)なのでかなりおすすめ。という訳で第5位にランクイン。

宅建 オンライン講座 おすすめ  6位【クレアール】

第6位 クレアール

価格 

|宅建合格パーフェクトコース 59,800円(税込)

5月7日まで割引有り41,860円(税込)※定期的にキャンペーンを実施|

信頼性 

| 1975年に「東京法科学院」という専門学校を設立。その後1998年にクレアールアカデミーを設立、現在は教育サービスを通信講座へ積極的に一本化している。非常に歴史のある資格学校で信頼できる。|

おすすめのポイント

非常識合格法で短期間で確実に合格を目指す

クレアールでは非常識合格法を採用、宅建士試験に合格するのに必要な範囲だけを重点的に学習。出るが出ないか分からない難解な問題はスルーする事でつまずきを無くして効率よくレベルアップが図れます。

講義時間を1単元30分に凝縮する事でスキマ時間を活用し易く

講義動画を1単元を30分とする事でスキマ時間を活用し易い設計にしている。忙しい受験生の立場を考えた「受講生ファースト」の考えを凝らした講座を作る工夫がされています。

ブリッジ学習法で確実にレベルアップ

1単元ずつインプット(講義)とアウトプット(過去問)を繰り返す事で確実に成長できる仕組みを構築。

動画講義で学習(1単元30分)

⬇︎

過去問集(5年分)でインプット ※合格必要特典範囲から学ぶ事で高効率を実現

⬇︎

分野別問題集(確実に合格出来る応用力を身に付ける)

1単元ごとに3つの流れがリンクしているので非常に記憶に残り易く、レベルアップしていける講座になっています。

スキマ時間を徹底的に活用

クレアールもスマートフォン、PC、タブレットで学べる為、時間・場所を選ばずに学習が出来てスキマ時間の有効利用が可能。

サポート体制が充実

クレアールはサポート体制が最も充実した通信講座です。ここでも「受験生ファースト」の取り組みが伺われます。

  1. カウンセリングで具体的な勉強方法など細かな指導をして貰える※要予約
  2. 質問にたいするメールの返信は必ず1週間以内と期限が決められている※質問回数無制限

合格祝金有り

試験に合格すれば8,000円のキャッシュバック有り。

ランキング 第6位の理由

合格まで導いてくれる素晴らしい内容の講座です。値段が少々高めですが、うまくキャンペーン時期を活用+キャッシュバックを獲得出来れば実質33,860円(税込)となり非常にお得です。定期的にキャンペーンを実施しているのでそこにうまく乗る事が出来ればかなりおすすめです。という訳で第6位にランクイン

クレアールは資料請求が出来るので申し込む前には更に詳しく内容をチェックしましょう。

宅建 オンライン講座 おすすめ  7位【日建学院】

第7位 日建学院

価格 

|通信合格コース38,000円(税抜)

信頼性 

| 日建学院は創業1969年51年の歴史を誇る建築・建設系資格の大手資格学校です。宅地建物取引士講座開設からも42年の実績があり信頼できる。|

おすすめのポイント

シンプルかつ研究しつくされたテキスト

日建学院のテキストは宅建士講座歴42年の歴史が詰まっていて「効率良く合格する」という視点から日々研究・開発されています。

ちなみに日建学院の本科生コースは230,000円(税抜)の超高額スクールです、そんなスクールと同じ内容のテキストを安価(38,000円)で使用出来る訳なのでお得感がありおすすめ出来ます。

→日建学院スクール一覧

分野別過去問集

分野別過去問は10年分を収録。過去問を繰り返し解く事で確実にレベルアップが図れます。

全国統一公開模試が2回付いてくる

全国統一公開模試が2回付いてくる。実際に会場に出向いて受験する事も可能なので時間配分などの試験当日の対策もバッチリ出来ます。

ランキング 第7位の理由

レベルの高いテキストを使用しての学習で効率は期待出来ますが、WEB対応がされていない&映像講義は別途費用が掛かる(30,000円税抜)ので結局完全に自力での学習になります。初受験者には不安材料が大きいのでは?と感じます。という訳で第7位にランクイン

宅建 オンライン講座 おすすめ 第8位【資格スクエア】

第8位 資格スクエア

価格 

|未来問合格パック 70,000円(税抜)|

信頼性 

| 2013年に株式会社サイドビジットを創立。合格者のノウハウと脳科学、受験生の受講データをもとに勉強効率を最大化する「資格スクエアクラウド」「脳科学ラーニング」(特許取得)を展開。

おすすめのポイント

業界唯一のAI活用| 過去問30年分を徹底的に解析

資格スクエアの「未来問」の模試は30年分の過去問題をAIに学習、90個のカテゴリに分類させて今年度の出題を予測しています。その的中率は2019年度で74%の結果が出てます。

資格スクエアの「未来問」は第16回日本e-learning大賞においてAI・人工知能特別部門賞を、第4回IMS JAPAN賞において「優秀賞を受賞しました。

分野別にインプットとアウトプットを繰り返す脳科学に基いた学習法

分野別にインプットとアウトプットを繰り返す事で確実に記憶に残る学習法を実施。しかも、アウトプットも動画講義で解説してくれる為動画学習のみで基本的な知識は全て身につきます。

⬇️

繰り返し出題される分野を重点的に学習

過去の宅建士本試験で形を変えて繰り返し出題されている「合格に必要な知識」を重点的に学習する事で効率良く合格レベルの知識がつきます。

スキマ時間を徹底的に活用

資格スクエアもスキマ時間の活用が可能。スマートフォン、PC、タブレットで学べる為、時間・場所を選ばずに学習が出来る。

おためし無料講座有り

なんと、未来問2019年度版の解説講義が無料で受講できます。一度試してみる事をおすすめします。

ランキング 第8位の理由

AIを使った学習など、早く合格レベルに達するという事に関しては最も優れた宅建士講座です。しかし、値段が高いという点でコスパを考えると少々マイナス要素が。という訳で第8位にランクイン。

多少出してでもしっかり学びたい方にはおすすめです。

宅建 オンライン講座 おすすめ 第9位『ユーキャン】

第9位 ユーキャン

価格 

| 宅建士講座 63,000円(税込)

分割 3,980円 ✖︎ 16回 = 63,680円(税込)|

信頼性 

|資格の王道ユーキャンは1954年に創立。業界最大手だけあり安定したクオリティの講座を受けられます。|

おすすめのポイント

ユーキャンが力を入れる資格講座の一つ

ユーキャンには100種類以上もの講座が存在します。宅地建物取引士講座はその中でも10位に位置する人気資格です。創業66年の歴史を誇るユーキャンが力を入れる講座なのでおすすめ出来ます。

非常にシンプルな教材

ユーキャンで使用する教材は

基礎テキスト3冊+実戦テキスト(過去問)3冊のみになります。

シンプルかつ分かりやすく、過去の宅建士試験でよく出題されるポイントを絞った内容でレベルアップしていける教材です。

スキマ時間を徹底的に活用

ユーキャンもスマートフォン、PC、タブレットで学べる為、スキマ時間の活用が可能。時間・場所を選ばずに学習が出来る。

専門家への質疑応答が可能

分からない箇所はメールで専門家に質問が可能です。

ランキング 第9位の理由

宅建士試験の合格レベルまでの実力を付けるのに問題が無い講座ですが、映像講義が無い&模試は別途費用が掛かるなど気になる点があり。総合的に見て第9位にランクインとなりました。

絶対に失敗したくない方は大手の安心感を取るのも有りだと思います。

宅建 オンライン講座 おすすめ 第10位【SEMI・NET】

第10位 SEMI・NET

価格 

| 宅建士コース 2カ月 5,000円

宅建士コース 6カ月 12,000円

宅建士コース 12カ月 20,000円|

信頼性 

|ゼミ・ネットは創業依頼21年の歴史をもつインターネット教材会社です。宅建士試験市販のテキストも出版しているので信頼性があります。|

おすすめのポイント

宅建士市販テキスト”パーフェクト宅建シリーズ”の副教材として利用

ゼミ・ネットの講座は市販本のパーフェクト宅建シリーズの副教材として活用出来ます。

65時間による映像講義で宅建士試験に必要な基礎学力を構築

ゼミ・ネットの映像講義は画質こそ悪いもの、重要なポイントがまとまっていて理解し易い内容となっております。

スキマ時間を徹底的に活用

ゼミ・ネットもスキマ時間の活用が可能。スマートフォン、PC、タブレットで学べる為、時間・場所を選ばずに学習が出来る。

無料試聴が可能

ゼミ・ネットも無料試聴が可能です。気になる方は一度試してみると良いでしょう。

ランキング 第10位の理由

「市販のテキストで独学&安くあげたい!でも全くの独学は不安」という方におすすめ2カ月5,000しか掛からないので短期でうまく利用するならお得。という訳で10位にランクインしました。

宅建 オンライン講座 おすすめ  11位【TAC 宅建独学道場】

第11位 TAC 宅建独学道場

価格 

|TAC宅建独学道場29,000円(税込)

信頼性 

| TACは創業40年の歴史を誇る資格学校です。宅建スクールだけでも34年の歴史がある最も信頼性のある資格学校の1つです。|

おすすめのポイント

講義スタイル

TAC宅建独学のテキスト及び過去問は市販品を使用します。手軽な市販品を使った上でポイントを映像講義で学んでいきます。

WEB講義での映像学習(30時間)

WEB講義を活用してスマホやタブレットからが受講可能、スキマ時間の活用が可能。

全国統一公開模試が付いてくる

全国統一公開模試が付いてきます。こちらはレベルアップに有益です。

ランキング 第11位の理由

TACの信頼性&講座自体が安いので悪くない内容だとは思いますが、映像講義が30時間と比較的に短いのであくまでも独学の補助的な講座になるかと思います。という訳で第11位にランクイン

宅建 オンライン講座 おすすめ  12位【総合資格学院】

第12位 総合資格学院

価格 

|宅建通信講座36,000円(税抜)

信頼性 

| 総合資格学院は創業40年の歴史を誇る日建学院と並ぶ建築・建設系資格の大手資格学校です。建築士な資格取得では業界トップを走ります。|

おすすめのポイント

テキスト・過去問は市販品を使用

総合資格学院の宅建士通信講座のテキスト及び過去問は市販品を使用します。ネットで見るとオリジナルのテキストを頂けるのかと思いきや違います。フェイクです。

e-講義での映像学習

e-講義(映像講義)をスマホやタブレットからが受講可能、スキマ時間の活用が可能。

テキストが市販品だけに映像講義のクオリティが全てですが

体験講義は他の講座は可能だが宅建士は試聴出来ない。力が入っていないのか?

WEBで質問が可能

WEBで質問が可能。

全国統一公開模試が3回付いてくる

全国統一公開模試が3回も付いてきます。こちらはレベルアップに有益です。

口コミに悪評が多い

社員さんの態度か横柄だとの口コミが多くみられます。私も建築士を受験する時に何度か接していますが確かに、という印象です。質問をしてもあまり親身に答えてくれなさそうです。

ランキング 第12位の理由

建築士ではトップを走りますが、宅建士試験では最低限といった様子です。映像講義のみに30,000円近くを出すのが有益かどうかは疑問です。ちなみに口コミを見る限り250,000円の『宅建パーフェクト総合セット』に勧誘されるみたいです。→総合資格学院 パーフェクト宅建セット

ただ、そうは言っても大手資格学校の力量があるのである程度のクオリティは望めそうです。という訳で第12位にランクイン

宅建 オンライン講座 おすすめ  13位【エル・エー】

第13位 エル・エー

価格 

|55,000円(税抜) ※キャンペーン中は45,000円(税抜)

信頼性 

| エル・エーは通学の資格対策学校として創業、現在は通学講座を廃止し通信講座に特化した形で運営をしている。|

[jin_icon_like color=”#e9546b” size=”18px”]おすすめのポイント

テキスト・過去問は市販品を使用との事

なんとテキストを作っていないとの事。「好きな市販のテキストを使って学習可能」とのことだが、様々なテキストに対応出来る柔軟性があったとしても、テキスト無しに通信講座が成り立つのか不安を感じさせる。

宅建士合格を追求したシンプルなカリキュラム

70時間の映像講義とオリジナルレジュメに沿って学習を進めていく。満点は目指さず出題可能性の低い項目は省略し、重要項目をピンポイントに押さえることに着目されている。

受講生の79%が宅建士講座に満足と回答

映像講義の精度が全て

テキストを作っていないので、映像講義がこの宅建士講座の良し悪しの全てを決めるかと思います。

サンプル講義を試聴出来るので試し見してみると良いが、講師が黒板で行った授業をほぼ編集無しで展開される。講師の方はベテランなのでしょうが、エル・エーが講師のマンパワーに頼りきりな印象を受ける。

逆に言うと、小細工無しで講師に任せる事でシンプルに大手の高額な通学講座並みの授業が聞けるチャンスとも言える。

宅建士試験に合格すると最大半額が返金される

スキマ時間を徹底的に活用

エル・エーもスマートフォン、PC、タブレットで学べる為、スキマ時間の活用が可能。時間・場所を選ばずに学習が出来る。

電話質問可能

なんと、通信講座では稀な電話質問制度があるとの事。

ランキング 第13位の理由

テキストが無いという事が引っかかるポイントです。映像講義の内容が全てという状況で45,000円〜55,000円出すのはなかなかリスクの高い講座だと感じられます。という訳で第13位にランクイン

宅建 オンライン講座 おすすめ 第14位【資格対策.com】

第14位 資格対策.com

価格 

| 29,700円(税込)

信頼性 

|株式会社アーティスが運営。創業以来22年の実績有り。本業は企業向けに人材育成のコンサルを行っています。|

おすすめのポイント

年間20万人に利用されるeラーニングサービスを展開

資格対策.comのeラーニングサービスは年間20万人に利用されています。低コスト&学習効果の高いネット利用をした学習方法が人気で主に企業を中心にサービスを展開しています。資格対策.comはこの分野において研究を続けています。

非常にシンプルな教材

資格対策.com使用する教材は

基礎テキスト3冊+過去問カード3冊のみになります。

シンプルにまとめられています。

スキマ時間を徹底的に活用

eラーニングを活用しスマートフォン、PC、タブレットで学べる為、スキマ時間の活用が可能。時間・場所を選ばずに学習が出来る。

WEB模試4回+直前模試2回付き

模試が計6回ついてくるので、最終的な総合力アップに繋がる。

専門家への質疑応答が可能

分からない箇所はメールで専門家に質問が可能です。

ランキング 第14位の理由

テキストがシンプルで分かりやすく価格も安めなので悪くはないが、動画講義が無い点が気がかりになります。という訳で第14位にランクイン

宅建 オンライン講座 おすすめ 第15位【e-pla】

第15位 e-pla

価格 

|宅建士対策講座  31,000円(税抜)|

信頼性 

|株式会社教育プランニングを創立して17年、宅建教育宅建関連事業のみに特化した会社です。|

おすすめのポイント

オリジナルテキストと映像講義で合格を目指す

テキストと過去問、映像講義で合宅建士試験の合格を目指します。オリジナルテキスト・過去問は5,500円で購入が可能。

気になる点は映像講義がDVD3枚分しか付属されない事です。テキストが安価で購入出来るだけに映像講義のクオリティがこの宅建士講座の良し悪しを決める事になりそうですが、バランスが少々おかしいと感じます。

ランキング 第15位の理由

宅建だけに17年間特化してきているので実力はありそう、しかし他にも良い講座があるので順位は下位になってしまいました。テキスト・過去問がお宝の可能性が高いので購入してみるのも良いでしょう。という訳で第15位にランクイン

宅建 オンライン講座 おすすめ 第16位【たのまな】

第16位 たのまな

価格 

|宅建士対策講座  70,632円(税込)|

信頼性 

|たのまなはヒューマンアカデミーの通信講座会社です。ヒューマンアカデミーという母体かしっかりしているだけにある程度の信頼性は担保される。|

おすすめのポイント

テキスト・過去問は市販本インプレス『宅建合格しようぜシリーズ』を使用

たのまなの講座は市販本を利用しての学習になります。

映像講義の詳細が不明確

テキストが市販品を使用しているだけに、映像講義のクオリティが全てになってくるのですが、映像講義についての詳しい詳細は書かれていません。

変わりに専任講師の挨拶のみが紹介されています。この宅建士講座のクオリティは講師の力量次第になってきそうです。

スキマ時間を徹底的に活用

たのまなもスキマ時間の活用が可能。スマートフォン、タブレットで学べる為、時間・場所を選ばずに学習が出来る。

ランキング 第16位の理由

どうしても講師に全てを丸投げしている講座にしか見えない。ただしヒューマンアカデミーグループの面目にがあるのである程度のクオリティは期待出来そう。値段も高いのであまりおすすめは出来ない講座です。という訳で第16位にランクイン

宅建 オンライン講座 おすすめ 第17位【キャリカレ】

第17位 キャリカレ

価格 

|宅建士対策講座  47,000円(税抜)

ネット申し込みで37,000円(税抜)|

信頼性 

|キャリカレはオンライン資格の専門会社で創業以来12年の実績があります。|

おすすめのポイント

ビジネス系の資格対策が弱い

キャリカレはビジネス系の資格対策には非常弱い所があります。なんと150種類以上の資格講座を扱っていますが、人気講座は

  • 1位、総合心理学
  • 2位、登録販売者
  • 3位、保育士

となっており宅建士はじめビジネス系の資格はかなり下の順位です。

講座数を増やす事に注力して内容がおろそかになっていないか不安があります。

オリジナルテキストと映像講義で学習

テキスト・過去問・DVDを全てオリジナルで用意。

市販のテキスト使用などでは無いので期待してしまいますが、内容に関してはサンプル等もありませんので不明点が多い。

映像講義の詳細が不明確

映像講義についての詳しい詳細は書かれていません。専任講師の紹介が画像でされていますがクオリティは不明点が多い。

WEBで何度でも質問が可能

何度でも質問可能なサポート体制を整えています。

全額返金保証制度が有り

宅建士試験不合格者には全額返金を保証する制度があります。ありがたいオプションですが問題があり、かなり厳しい条件をクリアしなければ返金されません

→ オリジナル課題を提出、その点数が基準点を満たない場合は返金されません。課題内容はテキストのどこにも載っていない奇問が織り交ぜられており、基準点に達するのはかなり難しい。※おいしい話しには裏があるというのはこういう事です。

ランキング 第17位の理由

90日合格指導+オリジナルテキスト+オリジナル映像講義+全額返金制度有りで47,000円→ネット申し込みで37,000円(税抜)とお得感を演出するのは得意ですが、肝心なテキストや講義内容が全く分からない。ビジネス系の資格が苦手な資格スクールだけに宅建士試験対策でわざわざ選ぶ理由は見当たらないと感じます。という訳で第17位にランクイン

宅建 オンライン講座 おすすめ 第18位【livoo】

第18位 livoo

価格 

|宅建士対策講座  一括39,722円(税込)

月額6,930円(税込)

信頼性 

|株式会社プロシーズを2003年に創立、eラーニング事業や不動産売買支援などを行なっている。|

おすすめのポイント

映像講義16時間+過去問9年分で合格を目指す

livooの講義はテキストが無く、好きな市販品のテキストを別で購入する必要があります。映像講義も16時間と短いのであくまでも独学の補助材としての利用になるかと思います。

合格すれば半額、就職すれば実質無料

宅建士試験に合格すれば半額返金してもらえる、さらに就職すれば実質無料になるのでお得感があります。※月額契約の場合は半額返金は無し

ランキング 第18位の理由

宅建士試験対策講座としてけして悪いものでは無いが、テキストが無かったり動画講義時間も短い点が気になる所です。「現在の仕事が安月給で辞めたくて仕方がない」という方は就職支援にかけて見るのも有りかもしれません。という訳で第18位にランクイン

宅建 オンライン講座 おすすめ 第19位【日本マンパワー】

第19位 日本マンパワー

価格 

|宅建士一般コース 40,700円(税込)|

信頼性 

|株式会社日本マンパワーは創業から53年継続する老舗企業です、企業向けの教育研修や転職コンサルタントなどめた実施している会社です。|

おすすめのポイント

オリジナルテキスト・過去問対策で合格を目指す

オリジナルテキスト・過去問対策で宅建士の合格を目指します。

映像講義は無し。

ランキング 第19位の理由

企業(法人向け)だからか情報がほとんど無い、映像講義も無いのでわざわざ選ぶメリットが見当たらない。という訳で第19位にランクイン