夫婦生活・結婚

嫁の機嫌の取り方11選!!子育て中のお父さんはこれだけはやっておけ!!

嫁の機嫌が悪い、子育てが大変なのは分かるけどこっちも働いてるんだから、もう少しいたわって欲しい。

嫁の機嫌が悪いが、そもそもなぜ機嫌が悪いのかもわからない。

この様な不満をお持ちの方は、この記事を読み考えを改めた方が良いでしょう。

子育ては本当に大変です、奥さんをいたわってあげましょう。

この記事の内容⬇︎

・子育ての苦労がわかる

・夫婦円満の秘訣は男次第

・嫁の機嫌をとる方法10選

・嫁の幸せを一番に考えよう。

私は結婚して現在双子の4歳児を育てています。嫁さんには家事・育児・仕事をして貰い感謝しかしていませんが、とてつもなく機嫌が悪い時もあり悩んだ事もありました。

しかし、人のせいにするのではなく自分の考えと行動を変えていった結果、徐々に夫婦仲が改善していきました。その経験を交えて記事にします。

子育ての苦労

嫁さんの苦労を知るには子育てがいかに大変かを知るべきです。大変な理由はたくさんあると思いますが、特に大変な点は次の5点です。

①子育ては責任が思い

②子供は寝てる時以外一切目が離せない

③子供はお金が掛かる

④お母さんの代替えはきかない。

⑤自由が一切ない

順に解説します。

①子育ては責任が思い

子供達がまともな大人に育つにはには大人が教育する必要があります。放っておいてもろくな大人になりません。

良い教育とはまず私生活を正す事から始まります。

決まった時間に起きる、トイレにいかせる、朝ごはんを食べさせる、顔を洗う、綺麗に洗濯された服を着せる、ハンカチを持たせる、昼ごはんを食べさせる、服を汚したら着替えさせる、洗濯する、晩御飯食べさせる、風呂に入れる、歯磨きをさせる、爪を切る、耳掃除をする、寝かしつける。

『私生活を正す』だけの事でやる事は盛りだくさん、これが365日24時時間続きます。

他にも習い事、読み書き勉強、絵本読み聞かせ、自転車の練習、喧嘩の仲裁など他にもいくらでもやることはあります。

また、少し話すのが遅かったり、成長に不安があれば悩んだり、解決策を調べて試してみたり色々やってしまいさらに時間を使います。

こういった事を毎日続けるて、愛情を与える事で少しずつ子供が成長していきます。

これをお母さんが放棄したらもう大変です、子供はグレるか引きこもりになるかもしれません。

子育ては地道な努力をコツコツ積み重ねていく手を抜く事が出来ない非常に重要で責任のある仕事なんです。

②子供は寝ている時以外一切目が離せない

子供はほんとによく動きます。まったく目が離せません。ほんの数分目を離したすきに大きな事故になってしまいます。

3歳男児転落事故 ※朝日新聞掲載

https://www.asahi.com/amp/articles/ASM6G3RN6M6GPTIL006.html

家の中でも外でも寝ている時以外は常に目を光らせておかなければなりません。

また、子供は危険な遊びをダメだといっても絶対にやろうとします。言う事を聞かないので同じ事を何回も注意しないといけません。

③子供はお金が掛かる

子供を育てるのに掛かる費用は1人1620万円と言われています。

子育てに掛かる費用※ベネッセ調べ

https://benesse.jp/kosodate/201509/20150910-2.html

だからお母さんは将来の子供の為に節約して、子育てして、バイトもして無理して頑張ってしまいます。

④お母さんの代替えは効かない

子供はお母さんの事が世界で一番好きです。

うちの子供は365日お母さんと一緒に寝ないと気が済まないみたいです、私が寝かしつけるようとすると泣きじゃくります。

父親でも代替えは出来ません、ベビーシッターに丸投げとかが出来れば良いんですが出来ないんです。

⑤自由が一切ない

お母さんは買い物に行く時も友達と遊ぶ時も子供を連れて歩かなければなりません。子供は可愛いですが自由がないのは本当に辛いでしょう。

夫婦円満の秘訣は男次第

子育てがいかに大変で責任が思い仕事か分かって頂けたと思います。

正直言って男のやってる事とは重要度も責任の重さもまったく違います。

男は日中は仕事をするだけです。もちろんクレームを言われたり、理不尽な上司に悩まさたり、残業で帰るのが遅くなったりする事もあるかもしれませんが大した事ありません。

嫌なら会社を辞めればいいし、選択肢はいくらでもあります。日本の会社は420万社もあります、今の世の中人手不足で転職もし放題です。

あなたが今している仕事は、別にあなたじゃない他の人でも代替えのきく仕事だという事を自覚しましょう。

その反面、嫁さんが日中行っている子育ては変わりがきかない大切な事です。

家に帰ったら嫁に向かって『いつもありがとう、感謝してる』と言いましょう。

これが夫婦円満の第一歩です。

日本の会社の数※経済産業省サイト

https://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/chushoKigyouZentai9wari.pdf

 

嫁の機嫌をとる方法11選

嫁はすぐ機嫌悪くなります、普段から機嫌を損ねない様な行動をとる事が夫婦円満の秘訣です。という事で最低限『これだけはやっておけ』と思う10項目を選出しました。

①しっかりと相づちをうち、話を聞く。

②家事を率先してする。

③言われた用事はすぐにする。

④毎日好きだよと愛情表現する。

⑤飲み会は極力避けて家に帰る。

⑥他の女性と仲良くしない

⑦帰宅時間は遅めに言う。

⑧スイーツを買って帰る。

⑨髪をカットした時や服を買ったときはさりげなく褒める。

⑩ささいな事でも『ありがとう』と言う

①①定期的に家事代行を使う

順に解説します。

①しっかりと相づちをうち、話を聞く

女性はとにかくお話が大好きです。

今日あった出来事、ムカついたこと、嬉しかったこと、誰かに共感してもらいたくて結論のない話をしてくる生き物です。

どんなにつまらなくて結論のない話でも、『相づちを打つ・目をちゃんと見てから話す』を意識して聴いてるよ!と相手に分かる様に聞きましょう。

キチンと聞く事よりも聞いてるフリをする事の方が大事です。ここを意識しましょう。

②家事を率先して行う

家事は率先してやる事が大切です。嫌々やっても喜ばれません。

私は掃除、洗濯、皿洗いを毎日行っています。飲み会の後0時回ってから帰っても風呂掃除、洗濯物干し、は欠かさず行っています。

嫁さんには育児、仕事もして貰っているので当然だと思っています。

家事=同じ事の繰り返しでつまらない嫌な事だという考えを無くしましょう。

家事=同じ事の繰り返しの中で少しでも素早く、綺麗に行うゲームだと思えば少しずつ楽しくなりますよ。

③言われた用事はすぐにやる

言われた用事はすぐにやった方が良いです、もたもたしていると『ほんとに分かってるのか?』と疑問を抱かれて何度も言われます。そうなるとこっちも腹が立ってきて喧嘩になります。

例えば…一生懸命皿洗いしてる最中に『ゴミ箱が一杯になってるからゴミ捨てといて』と言われたら、『お前がやれよ!』と言いたくなりますよね。これで何度も喧嘩してきました、しかし喧嘩しても何も良い事は生まれません。ここは大人の対応を心がけましょう。

皿洗い中に別の用事を言われても一旦手を止めて言われた用事をやりましょう

④毎日好きだよと愛情表現する

みなさん嫁さんに愛情表現をしていますか?なかなか毎日やってる人は少ないのでは無いでしょうか。

愛情表現は非常に重要です、これをしなければいくら皿洗いを手伝っても効果は無くなってしまいます。

嫁さんは毎日家族の為に頑張ってくれています。愛情表現しないとその『毎日やっている事が当たり前に思われてるんじゃないか?』と疑問を抱くようになり、慢性的に機嫌が悪くなります。

嫁さんに『好きだよ、いつもありがとう』と毎日言いましょう。

ポイントは毎日言う事です。人間の脳は反復する事で洗脳されて行きます。毎日言うことで本当に嫁さんの事を好きになって行きます。

⑤飲み会は極力避けて家に帰る

よく飲み会に行く行為は間違いなく嫁さんの機嫌を損ねます。

機嫌を損ねる理由⬇︎

・家庭を軽視してると思われる。

・家族の時間が奪われる。

・お金が無駄になる。

・他の女性と仲良くしてるのでは?と疑われる。

・飲み会で嫁のグチを言ってるのでは?と疑われる。

嫁さんからすれば旦那の行く飲み会は『百害あって一利無し』と考えています。飲み会は出来るだけ避けて家に帰りましょう。

実際に飲み会に時間とお金を使うのは本当に無駄な行為です。飲み会は行くよりも自分で主宰するのが良いです、どうせなら自分の好きな人だけ呼んで好きな話が出来る方が楽しくないですか?僕は呼ばれた飲み会に行って良い経験をしたことがほとんどありません。

⑥他の女性と仲良くしない

他の女性と必要以上に仲良くするのはおすすめしません。人間ですから多少気になる人も出来る気持ちはわかりますが、それ以上仲良くするのを我慢しましょう。

逆の立場で考えれば嫁の機嫌が悪くなるのも納得出来ると思います。

仕事の付き合いであっても信用して貰えないでしょう。

特に嫁さんが専業主婦の場合は『仕事する事がそんななに偉い事だと思うなよ!』と関係ない話まで持ち出してこられる事になります。

他の女性を多少気になりだしても我慢しましょう。そして基本に立ち返り嫁さんの事を愛しましましょう。

⑦帰宅時間は遅めに言う

帰宅時間は遅めに言いましょう。明日は早く帰れそうだと思い本当の事を言ってしまえば、その時間に間に合わなかった場合約束を破った事になり責められます。

会社員をやっていれば急に別の仕事が入ったり、上司に追加の指示を受けたりやる事はいくらでもあります。そんな中高速で仕事を終わらせて、駅まで走って帰ってもまったく評価されません。

あなたは約束を破った。私の事を軽視してる!!と責められます。

ならば最初から帰宅時間は遅めに言いましょう。

⑧スイーツを買って帰る

女性は甘いものが大好きです。ちょっとせこいですが、甘いものでつりましょう。事前に好きなスイーツをリサーチしておく事も大切です。

言葉で感謝の気持ちを伝える事も大事ですが、行動で表す事もかなり大切です。

言葉+行動で感謝の気持ちを示していく事でより強力なアピールになります。嫁さんの機嫌も良くなるでしょう。

⑨髪をカットした時や服を買ったときはさりげなく褒める

まず気づかないのは最悪です。『旦那は私に興味が無い、女として見てくれていない』と思われます。

そして、たとえ似合ってなくても『髪型似合ってね』と、とりあえず言いましょう。『俺は嘘がつけないタイプだ』とか言ってる場合ではありません。この一言が無いだけで2〜3日不幸に過ごすことが決定します。

昔失敗した事があります。嫁がカットをした事に気付いて、何も考えずに『美容室代いくらかかってるの?』と聞いたら『似合ってもないのに高いとこいくなって事!?』とブチギレられた事があります。

嫁さんが美容室へ行ったり服を買った時はまず『似合ってるね』から会話をスタートさせましょう。

⑩ささいな事でも『ありがとう』と言う

嫁さんには家事、育児、仕事をしてもらいすごく感謝してます。しかし、毎日の事すぎて普通にしていたら『ありがとう』を言うタイミングが無かったりします。

そんな事では機嫌を損ねてしまいます。『ありがとう』と言えるタイミングを自分から積極的に探して発言していきましょう。

地道な努力が良い結果をもたらしてくれます。

①①定期的に家事代行を使う

定期的に家事代行を使うことはかなり有効です

子育てをしていると”ほっと一息休憩”する時間もままなりません

そんな中、『家事代行』を利用して少しでも奥さんの自由な時間が増えれば格段に幸福度が上がります

メンタリストDAIGOさんも家事代行は幸福度を最も上げることができる行為だと提唱しています⬇︎

ちなみに…

最近は自分の好きな時間に手軽にアプリ1つで簡単に家事代行が頼めます、以下の参考にしてみてください、手軽に使えて安価で便利です

→クラウド家事代行CaSy


嫁の幸せを一番に考えよう

色々語りましたが嫁さんの幸せを一番に考えれば自然と出来る事ばかりだと思います。出来ていない人は今日からでも即実行していきましょう。

私も偉そうに語りましたが、頭で分かっていてもなかなか出来ていない事が多く、今だに嫁さんをイライラさせてしまいます。

出来ない事は意識しないと意識しないと絶対出来る様になりません。まずは意識して行動しましょう。

まとめ

嫁さんが幸せであれば家族みんなが元気で明るくなります。そうすれば子供達も元気で明るい自己肯定感の強い子供に育ちます。

嫁さんの幸せな姿を子供に見せる事が一番の教育なんです。

その嫁さんを元気に出来るかどうかは男の仕事です。会社で働く事だけが仕事ではないです、どうすれば嫁さんが喜ぶかだけを考えて生きましょう!!