転職・履歴書作成

【転職】ホワイト企業の見つけ方を解説!低学歴でも隠れ優良会社が見つかる!

転職を考えているが、良いホワイト企業の良い見分け方ってあるの?あとお勧めの会社とかあれば教えて欲しい。

この様な方向けに記事を書きました。

筆者は建築・建材業界で個人営業3年、法人ルート営業5年を経験してきました。また、ニート→ブラック企業→グレー企業→ホワイト企業とキャリアを重ねました。その経験から、これから転職をしようと考えている方にアドバイスをしたく記事を執筆致しました。

ホワイト企業への転職はこちらの2社がオススメ⬇︎

 

【転職】ホワイト企業の見つけ方を解説!低学歴でも隠れ優良会社が見つかる!

先に結論を言います⬇︎

ホワイト企業の見つけるには業界シェアの高い会社を探しましょう

シェアが高い会社は基本的に得意先が確立されていて、営業するにしても新規営業などはほとんど無いので社員に負担が掛かりません。

NO,1企業は信頼性抜群

そして、シェアNO,1の会社は信頼性が抜群にあります。営業するにしても知名度も抜群で信頼性もあるので個人で工夫しなくても会社の信用だけで勝手に商品が売れていきます。

なので、色んな意味で余裕が持てて働き易い会社になって行きます。

ホワイト企業に就職したいなら業界最大手を探しましょう。

中〜低学歴の方は中小企業のホワイト会社を探そう

しかしながら、業界最大手のホワイト企業は辞める人も少なくなかなか空きが無いのか実情です。

なので、中小企業の優良企業、大企業の子会社、もしくは大企業でも知名度が低い会社がお勧めです。

また、ニッチな分野でシェアが高い会社もお勧めです。

例えばエスケー化研という会社がお勧めです。

塗料業界で言えば圧倒的にシェア獲得している会社は売上高6050億で日本ペイントです。

続いて関西ペイントが売上高3300億円。

続いてエスケー化研が売上高910億円で業界3位となっています。

しかし、建築仕上塗材においては、トップシェアを誇ります。

そして、会社の名前も一般的にそんなには知れ渡っていない為に転職する難易度は低くなっています。

建築仕上塗料のシェアNO,1なので営業先は建築屋さんがメインになってきます、わりとガテン系ですが建築屋の担当者さんは一度打ち解けてしまえば割と仲良くしてくれる方が多いので、慣れてしまえば非常に楽に働く事が出来る様になります。

建築仕上塗料業界最大手だけあり信頼性を持たれていますので、取引先は大手ハウスメーカーなどが多く、よっぽど下手を打たない限り基本的には自動的に注文が取れます。

いかに会社の知名度で自動的に注文が来る会社を選ぶかがホワイト企業選びには重要です。

この辺りの優良な中小企業を探すには就職四季報で探す事がお勧めです。

就職四季報プラスワンお勧め『成長力があって居心地も良い中小企業83社』を併せて紹介します⬇︎

 

まだ空きがあればラッキーですどんどん面接を受けましょう。


筆者がオススメするホワイト中小企業会社を発表

筆者のお勧め企業を紹介します。仕事がら建築資材関係の会社が中心になっています。

①アイカ工業株式会社

メラミン化粧板の国内シェア7割。ただし、入社難易度は高め。

参考URL⬇︎

②TOTOアクアエンジ

TOTO株式会社の施工メインの子会社です。

親会社のTOTOの実績が素晴らしすぎる。

・TOTOは5年間の退職率1%、

・平均有給消化率76.1%

・平均年収835万円(43歳)

・障がい者社員301名、正社員で採用。

・取引先に対しても高圧な態度を取らず公正な取引をしている。

・常に住宅設備業界を牽引しているだけでなく、新たな需要を生み出している。

この様な優良企業は子会社にも優しく接してくれます。親会社への入社は難しくても子会社なら可能、難易度は中位です。

参考URL⬇︎

③TOTO◯◯販売株式会社 TOTOエムテック株式会社(東京)

TOTOの子会社の商品販売会社です。北海道〜九州まで全国8地域に分かれて存在しています。

TOTOの子会社で既に営業ルートが完全に確立されていますし、会社の信頼性も抜群なので、営業で配属されても勝手に商品が売れる代表格です。

やる気のある方はTOTO商品以外の建材も販売できる点が特徴です、TOTOというブランドをバックに安定性を身に付けながら、様々な商品に触れて業界の知見を深めていける素晴らしい会社です。

TOTOの子会社なので当然労働環境もホワイトです。

地域が分かれているので大掛かりな転勤が無いのも特徴です。

入社難易度は中位です。

④フクビ化学工業株式会社

建材業界で知名度抜群、樹脂製品専門会社です。知的財産権所有件数980件とニッチな分野で確実に成長を重ねています。

建材だけでなく、新たに家電や精密機器の部品への事業展開をしているのでそちら方面の営業に配属されると、勝手に売れていく営業では無くなりそうです。

一つの業界に絞られずに様々な事に挑戦したい人は向いていると思います。

入社難易度は中位です。

⑤ナカ工業株式会社

手摺り業界の最大手の会社です。介護需要が増している日本社会で有望な会社だと言えるでしょう。

長さ無制限に樹脂被覆された連続手摺りを製造する事が可能、自在に曲げも効きますので様々な需要に対応する事が可能です。

入社難易度は中位です。

⑥カクダイ株式会社

中小企業ながら水栓業界で着実に成長を重ねています。

「快適かつ現代的な水回りの実現」の理念を掲げており、商品のラインナップもその理念と合致していて施工者やユーザーからの指示を得ています。

従業員数434名で売上高266億を上げている点も素晴らしい実績です。

入社難易度はやや低めだと思います。

ホワイト中小企業は営業職・技術職・事務職共に働き易い

これらの会社は職種を問わずに働き易くなっています。

今ブラック企業や、給料の安いグレー企業で働いている方は転職に挑戦してみましょう。

ホワイト中小企業を探すにはこちらの2社がオススメ⬇︎

 

まとめ

世の中には以外と様々な優良中小企業が存在しています。

しっかりと厳選して会社選びをしてホワイトな環境を手に入れましょう。

また、個人的には良い会社を見つけた時に、転職サイト経由では無く直接応募がお勧めです。

転職サイト経由だと採用した企業が50万円〜80万円転職エージェント側に支払っています。

現代社会は人手不足で、採用するのにかなりコストが掛かるんです。

また、逆の立場になって考えた時に、転職サイトで消去方で企業選びをして来た人より、ホームページを見て直接応募して来た人の方がやる気があるように感じると思います。

なので、転職サイトっ良い求人を探しつつ直接応募出来るのであれば直接応募をしてみるのも良いでしょう。

というわけで今回は以上です。是非良い会社を見つけて下さい。

 

ホワイト企業への転職はこちらの2社がオススメ⬇︎