やる気アップ&自己分析

営業マンが給料が上がらない会社を抜け出して簡単に年収をアップさせる方法とは

どうも、会社員ブロガーのタカオカです!

今回は給料の上がらない会社を抜け出す方法について解説したいと思います。

僕自身が給料の上がらない会社から抜け出した実体験をお伝えしますので参考にしてみて下さい。

 

筆者のプロフィール⬇︎

高校卒業

→ ニートになる

→  Fラン大学入学卒業

→   ハウスメーカー系の営業ブラック企業へ入社(年収350万円)

→  リフォーム商材販売店へ入社(年収450万)

→ハウスメーカー系不動産会社で施工監理(630万円)

僕
まだまだショボいですが、世の中の平均年収が440万円と言われている中少しずつステップアップ出来ました。

その方法はたった一つ、それは資格を取るという事です。

特に仕事を頑張ったわけでもなく、資格を取って給料の高い会社に転職するだけです。

給料が上がらないと嘆く気持ちは分かりますが、努力すれば簡単に給料が高い会社に転職出来ます。

会社を非難する前に自分で道を切り開きましょう。

その他にも給料を上げていく方法をいくつか紹介していきます。

給料が上がらない会社から抜け出す方法|①資格を取る

資格を持っているメリットは大きいです。

僕は資格で人生が長い変わりました。

でも営業職の人って割と資格を取らないで仕事を頑張る実力主義の人が多いですよね。

それは本当に勿体ない。

資格を取得する事で様々なメリットが得られます。

資格を取得するメリット

例えば...

  1. 資格手当てが付いて月数万円給料アップが望める
  2. 名刺に資格を書くことで初対面の相手から信頼される
  3. 転職し易くなる
  4. 継続学習した成果が目に見えた形になって表れるので自分に自信が付く
  5. 会社から評価される可能性が高い
  6. 会社の業績が悪化してもリストラ候補から外される確率が上がる

この様に資格を取る事で様々なメリットが得られます。

結果様々なメリットを受ける事で自然と給料が上がっていく事になる訳です。

ちなみに僕の取得した資格は以下の通りです。⬇︎

  • 2級管工事施工管理技士
  • 二球建築士
  • 宅地建物取引士

今の会社で資格手当てが無くても転職して給料をアップさせる選択肢が増える

年収450万円のリフォーム商材販売店で働いていた時に3つ資格を取得しましたがまったく給料があがりませんでした。

しかし、転職をする事でハウスメーカー系不動産会社で施工監理をして一気に600万円まで給料をアップさせる事ができました。

資格を取る事で転職して給料をアップさせる事が出来る選択肢を持つことが大切です。

同じ会社にとどまるにしても、選択肢が無くて仕方なしに安い給料を受け入れてるしかないのと

転職して給料を上げる事は出来るけど留まっているのでは全く安定が違ってきます。

資格を持っていれば急に資格手当てが付く事もある

僕は転職して年収600万でも前より飛躍的に給料が上がったし、休日も以前の会社は年間100日→現在135日に増えたので相対的に満足していました。

それが入社後に急に資格手当てが支給されり事になり毎月3万円も給料が上乗せされる事になりました。

それで一気に年収が640万円まで伸びました。

内訳は以下の通り⬇︎

  • 二級建築士  = 2万円
  • 2級管工事施工管理技士 = 1万円

急に年収36万円もアップしたので嬉しかったです。

資格を持っていればこの様な事も起こるんです。

その他|資格を持つ事で会社への依存心が少なくなる

資格を持つ事で様々なメリットがある話をしましたが、資格を取得して転職をし易くする事で会社への依存度を下げる事が出来る様になります。

「あんまり理不尽な事を言われる様なら、いつでも会社を辞めて違う給料の高い会社に転職しますよ」

という気持ちを持っておく事で上司の理不尽な欲求に反発する事が出来る様になります。

僕自身もこの様な気持ちを常に持っています。これでストレスがかなり軽減されています。

という訳で、資格を取得する事で給料アップだけでなく様々なメリットが得られますので資格取得を目指しましょう。

給料が上がらない会社から抜け出す方|②英語を勉強する

資格以外にも給料をアップさせる方法はあります。

その一つに英語を話せる様になるという事です。

世の中はインターネットやスマホの影響でグローバル化が加速している

インターネットが登場したのは30年前の話になります、スマホは10年以上前ですが

スマホの登場によりインターネットを使う環境がかなり加速しています。

電車に乗れば全員がスマホを触っている状況もよく見る光景です。

この様な状況の中ネットビジネスが非常に盛んになっています。

実店舗ビジネスよりも、ネットビジネスが盛んです。

また、企業の海外進出も積極的になっています。

この流れにうまく乗れば確実に給料アップに繋がります。

その為には英語を話せるという能力が抜群に重宝されます。

英語を話せる+営業が出来る人は貴重な人材になれる

現在、何かしらの分野の営業でそれなりの成果を出している人は、プラスアルファで英語を話す能力を身につければかなり飛躍的に給料をアップさせる事が出来ます。

日本は少子高齢化とGDPの低迷、景気の悪化により内需が低迷しており積極的に海外進出を目指す企業が増えています。

特に建築業界や建築資材業界などの大手企業は海外進出の成果が企業存続に不可欠になっており、国内での販売は良くて前年並みでOK。

利益は海外で稼ぐんだ!と考えている企業が多くなっています。

そんな中、営業に自信があってプラスアルファで英語を話せるとなれば、語学力をアピールして東証1部上場の優良企業に入社する事も可能です。

もちろん、会社が大きければ良いという時代は終わっていますが、これから伸ばしていきたい海外で活躍して貰えそうな人材は重宝され

たとえ会社の業績く悪化してもリストラ候補にもならないでしょう。

TOEIC700点以上が一つの目安

英語が話せるというアピールをするのにはやはり目に見えるものが必要です。

やはりTOEICで良い点数を取るのか一番分かりやすいです。

TOEICは最高で990点満点となります。

楽天や一流企業では採用基準に「TOEIC800点以上が望ましい」と基準が設けられている企業もありますが

一旦は700点を目指していけば重宝される企業が多く見つかるでしょう。

給料が上がらない会社から抜け出す方法|③プログラミングを勉強する

次におすすめするのがプログラミングスキルを付ける事です、

プログラミング技術者が全く足りていない

プログラミングの技術者は現在まったく足りていない状況にあります。

これだけネットビジネスが盛んなれば企業はこぞってWEBサービスやホームページを更新したり様々な方法で集客しようとします、なので

人手が足りていない業界では必然的に給料を多く頂ける可能性が高くなります。

その中でもシステムエンジニアは最も高給を取れる可能性が高い職種です。

システムエンジニアは提案力、営業力が不可欠

システムエンジニアとして成功するには提案力、営業力か不可欠です。

たとえ技術力が優れていても、作ったwebサービスの内容か顧客が求めるイメージと違っていれば結局そのwebサービスは不満足になってしまいます。

求められている物を把握して形にしていく力が必要です。

これが得意なのはやはり営業力の有る方だと思います。

営業力を持っている方がプログラミングスキルを手にする事によって、これからの世の中に不可欠なスキルを使って思う存分力を発揮できるフィールドが整っています。

給料が上がらない会社から抜け出す方法|まとめ

まとめると営業力 ✖︎ 語学力もしくはプログラミングスキル を皆つける事で希少価値の高い人材になろう。

という事です。

50人に一人の営業力を持っている人が、英語を話せる様になると、さらに英語を話せるスキルでも100人に一人の存在になれます。

すると50✖︎100=5,000人に一人の希少価値の高い人材になれる訳です。

こうなると給料をアップさせる事が出来る転職やフリーランスてしての道も開けます。

もちろん資格取得も素晴らしいです。

スキルを磨いて年収をアップさせましょう。