リフォーム関連

風呂(浴室)をリフォームするのに必要な期間はどれくらい?

浴室(風呂)をユニットバスに替えるリフォームを考えているけどどれくらいの期間が掛かるんだろう。『工事中風呂に入れないのは嫌だ、あと風呂に入れない事以外には不便な事は出ないのだろうか?』

この様な悩みにお答えします。

この記事の内容⬇︎

・現状がユニットバスの場合工事の期間(最短1日〜最長4日)

・現状が在来浴室(タイル)の場合の工事期間(最短2日〜最長6日)

・工事中は風呂以外にも不便な事がある。

筆者はリフォーム業界で13年仕事をしている建築士です。確かな情報をお届けします。

現状がユニットバスの場合工事の期間(最短1日〜最長4日)

最短で1日

早い業者であれば最短1日で工事可能になります。

※ただし業者がベテラン+施工しやすい売れ筋の商品を選定した場合。

工事内容⬇︎

①工事範囲養生(床や壁の保護)...30分

②既設ユニットバス解体 ...1時間

③給水・給湯・排水管仕込...30分

④ユニットバス組み立て...4時間

⑤扉廻り大工工事...2時間

合計                ...8時間

1日で工事が出来ればお風呂の心配が無くて良いですね。

しかし、最後にシーリングと呼ばれる防水剤を打ちますので固まるのに少々時間が掛かるので風呂に入れるのは最短でその日の夜遅くになるでしょう。

通常は2日掛ける場合が多い

通常は普通に仕事をして2日で仕上げる場合が多いです。

僕
1日で仕上げてしまう業者は急いで工事して手を抜いているのかも?と思いがちですが早くて丁寧な業者も居てるので一概に言えません。

3〜4日掛かる業者も存在する。

ユニットバスの入替工事に3日〜4日掛けるリフォーム店も存在します。

この様な業者は分離施工にしている場合が多いです。

解体屋、設備屋、ユニットバス組立業者、大工をそれぞれ1日ずつ別に手配するので4日掛かります。

僕
遅いから悪いという事では無いので気長に待てる人は頼んでみるのも良いでしょう。

4日以上かかる場合はお勧め出来ない。

何か特別な事情が無い限り4日以上掛かってしまうリフォーム会社に頼む事はお勧めできません。

1日で終わらせる工事業者も多い中、4日以上の日数をら費やのは浴室リフォームに慣れていない、もしくは素人レベルの人間が寄り集まって運営している会社かもしれません。

必要以上に工期が長い業者は怪しいと疑ってかかりましょう。

現状が在来浴室(タイル)の場合の工事期間(最短2日〜最長6日)

最短で2日

※ただしかなり突貫工事になります。

工事内容⬇︎

①工事範囲養生(床や壁の保護)...60分

②在来浴室解体 ...5時間

③給水・給湯・排水管仕込...60分

④土間敷設     ...60分

1日目終了

⑤ユニットバス組み立て...5時間

⑥扉廻り大工工事...2.5時間

2日目終了

このように最短2日で工事が可能です。

通常は4日掛ける場合が多い。

在来浴室(タイル)の施工は分離施工で行う場合が多く時間が掛かります。またユニットバスの時と違い、解体した後に土台の補修が必要であったり、給水給湯排水関係を補修する必要が出てくるケースもあります。

突発的な工事に対応する為に長めに工期を取る場合が多いです。

6日かかる業者も存在する。

気長に待てる方はこの様な業者に任せるのも良いと思います。丁寧に仕事をしてくれる業者である可能性もあります。

6日以上かかる場合はお勧め出来ない。

何か特別な事情が無い限り6日以上掛かってしまうリフォーム会社に頼む事はお勧めできません。

浴室リフォームに慣れていない、もしくは素人レベルの人間が寄り集まって運営している会社かもしれません。

必要以上に工期が長い業者は怪しいと疑ってかかりましょう。

工事中は風呂以外にも不便な事がある。

工事中は風呂が入れない事以外にも不便になる事があります。

こんなはずじゃなかったとならない様に気をつけるポイントをお伝えします。

①解体時の騒音

特に在来浴室の場合は削り機を使い4時間程は常にうるさい状況になります。耳栓やイヤホンを用意しておく事をお勧めします。

また、ご近所さんに対する配慮も大切です。『近隣挨拶』と呼んだりしたすが、慣れた業者なら代わりに粗品を用意して工事期間の案内などを行なってくれる事が多いです。

工事業者自身もクレームになり工事がストップになると嫌なのでしておきたい。という業者も多いです。

逆に『近隣挨拶なんてやった事ありません』などと言う業者は危険です、やはり騒音を出すわけですから多少配慮するのは当たり前です。当たり前の事が出来ない業者を選ぶのは避けたい所です。

②水が使えない。

解体中や設備の施工中は水を本管から止めてしまいますので水が一切使えません。トイレの近い方や赤ちゃんを育てている方は事前に対策を考えておきましょう。

③解体時のホコリが凄い

特にタイルの解体時のホコリは粉がかなり舞うので要注意です。普段空き家などの賃貸物件を主に扱っている業者であれば養生(クッション材等で囲い傷やホコリが舞うのを防ぐ事)がかなり甘い業者も居てますので、事前にどの様に対策をしてくれるのか確認しておきましょう。

僕
昔慣れていない施工業者を手配した時、養生が甘くて2階まで白い粉が舞ってしまい、お客さんに怒らながら丸1日掛かって掃除した事があります。

まとめ

工事期間は施工業者によってまちまちです。

短い方が良いけど適当に工事されるか心配ですし、長すぎるのも問題です。

施工業者の話をうのみにするのではなくて、なぜ早く出来るのか?

なぜそんなに長いのか?を聞いて納得する事が大切だし、失敗しない業者選びに繋がります。

という訳で今回は以上になります。